KIEFの活動②

多文化共生まちづくり事業

このページでは、KIEFの事業のうち多文化共生社会実現に向けての取り組みをご紹介します。

外国人母子通訳ボランティア派遣
在住外国人が金沢市の赤ちゃん訪問・乳幼児検診を受ける際に、通訳ボランティアを派遣しています。
日本語を母語としないこどもと保護者のための高校進学説明会
外国にルーツを持つこどもと保護者に対して、日本の高校への進学の仕組みや進路に関する情報提供を行い、経験者の体験談を共有します。
地域における多文化共生まちづくりの推進
外国人市民が多く居住する地域を中心に、外国人住民と地域住民の相互理解や生活課題の解決のため、公民館や町会、大学などの関係者とともによりよい地域コミュニティづくりに取り組んでいます。
児童館と共催で外国人住民・地域住民の交流の場となるイベントなどを開催しています。
外国人住民のためのくらしの手引き書「金沢生活ガイド」作成
金沢市在住の外国人からこんなことが知りたい、という意見を集めくらしの手引き書を作成しています。
英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・インドネシア語・ベトナム語の6言語で発行しています。
留学生のための金沢文化体験イベント
留学生に金沢でのくらしを楽しんでもらえるよう、金沢の歴史や文化に親しむことができるイベントを定期的に開催しています。
留学生のためのホームビジット体験
留学生は普段学校に通っているだけでは、なかなか日本人市民との交流の機会がありません。 
ホームビジット体験は、KIEF登録ボランティアのご家庭に日帰りで訪問し、交流することができるプログラムです。
新規留学生の生活ガイダンス
多数の留学生が在籍する金沢市内の各大学に出向き、ごみの捨て方、国民健康保険、防災対策などについて金沢市担当課と連携し、分かりやすく説明します。