かなざわ国際交流まつり Kanazawa International Friendship Festival

 かなざわ国際交流まつりは、世界のダンスや楽器演奏が楽しめるステージや、世界の文化が楽しめるブースなど、
金沢にいながらにして多彩な外国文化に触れられる北陸最大級の国際交流イベントです。
毎年10月に金沢市役所庁舎前広場にて開催しており、市内の国際交流関係の団体、ボランティアの方々とともにつくりあげています。





2020年10月10日(土)、11日(日) かなざわ国際交流まつり2020が開催されました。
今年度は石川県内の27の国際交流団体のみなさまにご参加頂きました。
直前の台風発生でお天気が心配でしたが、両日とも気持ちの良い秋晴れとなり、
二日間で1万2千人の方々にご来場頂きました。

当日の様子を少しご紹介します!

 

 

 


ワールドステージ World Stage

世界の音楽をお届けする、ワールドステージ。
今年もかなざわ国際交流まつり開始の合図はチカモリ太鼓さんの和太鼓演奏!
そしてフラダンス、ベリーダンス、インドネシアの伝統楽器アンクルンの演奏、台湾古典ダンス、津軽三味線、二胡の演奏、日本舞踊などなど、、、
9団体それぞれのステージがまつりを華やかに彩ってくれました。
そして今回は、金沢市のフランス、ベルギー、アメリカ、中国出身の国際交流員によるクイズ大会も。
ご来場のお子さんたちにご参加頂き、金沢市と姉妹都市提携する世界の都市にまつわるクイズに答えてもらいました。
元気いっぱいのこどもたちに会場が和やかな空気になり、ほほえましいステージとなりました。

ワールドバザール&インフォメーションブース World Bazaar and Information Booth

色鮮やかな世界各国の民芸品が並んだワールドバザール。
今年は残念ながら、毎年大人気のワールドグルメコーナー(お料理の提供)はコロナ対策で取り止めましたが、ワールドバザールにてコーヒー・紅茶を販売しました。タイ、インドネシア、トルコ産のコーヒー、スリランカティー、モンゴルのスーテー茶など、飲み比べたくなるような豊富な品ぞろえ!
昨今のK-POPブームの影響か、韓国発のダルゴナコーヒーが特に人気を集めていましたよ♪



体験コーナー Hands-on Activities Corner

体験ブースでは、おりがみや水引のクラフト体験、金沢SDGsの取り組みクイズ・金沢SDGsマスコットキャラクター″うめばちさん”のぬりえ、
そして金沢市の国際交流員によるゲームコーナーをお楽しみ頂きました。



パネル展

市役所庁舎内一階では、県内の国際交流団体の活動や国の紹介、そしてSDGsについて学べるパネル展示を行いました。
静かな庁舎内で、多くの方が足を止めてご覧下さいました。




両日ともお天気に恵まれ、たくさんの方にご来場いただき2020年の国際交流まつりは大成功に終わりました!
コロナウイルス感染対策のため、参加団体のみなさんにも、ご来場のお客様にも様々な制約がかかりご不便をおかけしたかと思います。
コロナ発生から大きなイベントは軒並み中止、人が集まること自体難しくなっていた今日この頃、今年の国際交流まつりの開催是非については悩みに悩んだ末、充分に感染対策をとっての開催に踏み切りました。
ふたを開けてみると、本当にたくさんの方々にご来場頂き、参加団体の皆さん・ご来場のお客様の笑顔を見るとなんだか胸が熱くなりました。
国と国との往来や交流が制限されている今、例年以上にこの国際交流まつりを開催する意義があったと感じています。
 
ご参加頂いた関係団体・ステージ出演者の皆様、ご来場頂いた皆様、国際交流まつりに関わって下さったすべてのみなさまに感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
来てくださったみなさんが、金沢でともに暮らす外国人の方々との交流に興味を持ったり、今まで知らなかった国に興味を持つきっかけになれば幸いです。